キャッシュレス化が進むにつれ、一部業界も更なる成長を見せました。

MENU

キャッシュレス化で成長を遂げた業界は?

キャッシュレス・ポイント還元事業で国がキャッシュレス化に一役買った影響もあり、日本でも徐々にキャッシュレスの波が広がっています。
職業の観点で見てみると、一部業界においてはこれまでにない良い成長が見受けられる結果となりました。

 

キャッシュレス化が成長を促した業界

IT業

これまでもインターネットサービスにおける領域で私たちの生活に多大な貢献をしてきた「IT業」は、キャッシュレス化が促進する影響で“スマホ決済”を行えるアプリの開発によって、更なる成長を見せました。

 

またFinTechという流れが加熱している影響もあり、私たちの日々の生活におけるお金の流れを管理する“家計簿”の代わりとなるシステム、そして口座やクレジットカード、電子マネーなど全てのキャッシュレスを統合して管理する“資産管理”のアプリが、キャッシュレスの普及と同時に発展しています。

 

加えて仮想通貨、ブロックチェーン、クラウドファンディング…など、様々なFinTechがこれからも成長する片鱗を見せています。
IT業界はキャッシュレスが浸透するであろう世界において欠かせない存在であり、成長が留まることを知りません。

 

小売業界

小売業界にとって、キャッシュレス決済を普及させる契機ともなったスマホ決済は、これまでのキャッシュレスの主流だったクレジットカード決済の端末より遙かに容易な導入が行えるため、またとない機会です。

 

顧客の中には、これまでに店側のクレジットカード決済未対応が原因で、キャッシュレス決済を諦めているキャッシュレスユーザーが20%近く存在しました。

 

クレジットカードの選択肢を広げたキャッシュレス決済

 

スマホ決済の流行で、該当のキャッシュレスユーザーへの販売機会を損失せずに済むようになり、売上に少なからず影響を及ぼす結果となったのです。
また、日本では年々インバウンド消費額が大きくなっている傾向があります。

 

諸外国は日本より遙かにキャッシュレス化が進行しており、これから更に増加を続けるインバウンド消費を見据えると、小売業は更に成長が見込まれる業界です。

 

クレジットカード業界

ネットショップの市場規模は年々拡大している傾向にあります。
そして、多くのネットショップではクレジットカードによる決済が一般的であり、ネットショップを利用するためにクレジットカードを契約するユーザーが増えているのです。

 

また、他のキャッシュレス決済手段である電子マネーとの連携により、従来のクレジットカードと比較してもポイント還元率が高いカードが多数出ており、スマホ決済に負けず劣らず魅力的なサービスの展開が見受けられます。
キャッシュレス化の流れが間違いなく追い風となっている業界です。

 

今後のキャッシュレスによる伸びしろは未知数

キャッシュレスが広まり始めたとは言え、日本のキャッシュレス普及率は諸外国に比べ大きなポイント差をつけられています。
今後キャッシュレスの普及が更に広まりを見せられるのならば、他業種でもまだまだ伸びしろが見受けられるのではないでしょうか。